プロミス専用のアプリを利用する

今では、スマートフォンからキャッシングを利用している方も増えてきており、より便利な業界になってきていることは間違いありません。

そして、キャッシング業者もこのような方のために様々なサービスを展開しており、プロミスに関しても例外ではないのです。プロミスでは、専用のアプリが用意されているのです。

スマートフォンを利用することによって、カメラ機能を最大限に活用することができます。何か書類を送る必要もなく、ただ撮ってプロミスに送ればいいわけですから、これほど簡単な方法もないでしょう。また、スマートフォン対応というと機種によっては利用できないこともありますが、プロミスではほとんどの機種に対応しているためそのような心配も無用なのです。

プロミスの申し込み専用アプリには近所にあるATMを見つける機能もあるのも、魅力的です。ちょっと外出している時などにアプリを起動させればすぐにわかりますし、特に急いでいる時に重宝する機能ではないでしょうか。

プロミスをせっかく利用するなら、このような機能を持つアプリを利用しない手はありません。すぐに手に入りますし、プロミスを利用する方は例えスマートフォンから申し込む予定がなくてもダウンロードしてみてはいかがでしょうか。非常に役に立つはずです。

プロミスは黄色と黒の看板が目印です

消費者金融は、いま次々と新参の会社が増えていて、どこも看板がある程度は似通っていますからついつい迷ってしまいます。プロミスはキャッシング会社においても非常にわかりやすいカラーリングをしており、どちらかというとちょっとしたエナジードリンクのような、非常にハッキリした色彩を採用しています。

プロミスの黄色と黒というカラーは非常に目立っており、マークも黄色と黒ですし、プロミスという文字の入った看板も同様に黄色と黒になっています。これから新規でのプロミス利用を考えている方は、カラーリングがハッキリしていますので看板について見間違えることはまずありません。

また、プロミスの店舗でも、すぐ上に看板が設置されており、この黄色と黒のカラーリングなので非常に目立っています。

日本国内においてプロミスを利用する場合にはこのカラーリングですが、では海外に出るとそちらではどうなっているのかというと、実は海外も同じようにカラーもマークも変わることなく利用されています。

例えば中国では看板の文字こそ中国語になっていますがマークもカラーリングも変わることなく利用されています。こうした海外進出がかなり進んでいるのがプロミスの特徴で、海外での借り入れにも当然ながら利用可能なので、世界のどこであれ看板を見ればすぐにそこにプロミスの店舗があるかどうかが分かります。

プロミスで借りるなら時間に注意する

スマートフォンを使って即日融資をプロミスで利用するのであれば、時間の制限には十分に注意をしておきましょう。プロミスの即日キャッシングは平日14時までのWeb契約が条件となっているため、時間が過ぎてしまうと翌営業日扱いになるのです。

審査には通ったのに14時を過ぎてしまったという場合には、近くのプロミスの契約機か三井住友銀行カードローンの契約機で当日に契約も出来るため、あわせて確認をしておくと良いでしょう。